使うと「どうなる」?

cbdを使うとどうなる?って気になりますよね。

この記事では、短期的な変化、長期的な変化について、実体験をもとにご紹介していきますね。

今あなたが悩んでいることを解決できるのか、前情報として御参考にして頂ければと思います。

CBDを使うとどうなる?短期的、長期的な変化をご紹介

CBD製品はさまざまありますが、形態や効果時間が違うだけで、健康へのリターンは同じになります。

まず「キマる」ような効果はありません。

よくcbd リキッドの中に違法成分が入っていた、なんてニュースになっていますが、

少なくとも正規代理店で手に入るCBDでキマったり、飛んだり、ハイになったりする可能性は100パーセントないので、ご安心ください。

(海外から個人で輸入するときは注意!)

で、どうなるのかというと、例えばリキッドやワックスは即効性があるんですが、吸うとリラックス感やカラダの強張りが緩むような感覚になります。人によっては、自然な眠気に誘われる感じになるかと思います。

ゆったりめの音楽を聴きながら、まったりした時間を過ごしたくなったり、逆に仕事への集中力が増すような感覚になる人もいます。

よくなんの実感もないって方がいますが、だいたい吸い方が悪い場合が多くて、肺にためて10〜20秒くらい我慢してから吐き出すようにするのが鉄則ですよ。

で、長期的にはどうなるのかというと、恒常性への効果が期待できます。

恒常性はいわゆる「バランス」のことで、数週間から2ヶ月程度を目安に続けていると、じょじょに生活のバランスが整ってくるのを実感できるハズです。

例えば、夜の寝つきが悪かったのが、CBDを続けることによって、布団に入ったらスグ眠れるようになって、本来のバランス、つまり朝早く起きて、夜も早く眠れる、というような変化を実感できるようになります。

コツは、やっぱり継続させることでしょうか。

どんなに最強の効果があると言われる製品でも、人によって必要な量が違うので、ちょっと続けて効果なし!と諦めるのは、時期早々です。

余談・吸いすぎても依存はしないのでご安心を

余談ですが、CBDリキッドはタバコのようなイメージがあるので、吸いすぎると依存してしまうのでは?と勘ぐってしまいがちですが、

依存性や副作用の心配はありません。

これは私の経験だけでなく、WHO(世界保健機関)も発表している事実で、とても安全性の高いものなので、安心して続けていただければと思います。

あとは2ch(2ちゃん)とかの話はあまり鵜呑みにしない方がいいっすよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です