飛行機に持ち込める?国際線には十分注意!!!!

CBDを旅行先でも楽しみたい!と思ってしまうのが、CBDラヴァーの宿命でしょうか。

結論から言うと、国内線はまったく問題ありませんが、国内線で飛行機に乗る前の税関でストップをかけられてしまう可能性があります。

止められてしまう条件や、他にも気をつけておきたいことなど、実体験を元にご紹介していこうと思います。

ハワイやグアムからグミを持ち込もうとしたら没収されてしまった、なんてちょっと笑えないですからね。。。

CBDは飛行機に持ち込める?国際線でグミを止まられるケースが。。。

CBDリキッド、オイル、ワックス、グミなど製品の形態に依らず、国際線で飛行機に持ち込む際は、輸入手続きをしないと没収されてしまう可能性があります。

ぶっちゃけグレーというか、運が悪ければ止められるというのが、これまでの定説でしたが、CBDグミを輸入しようとして、厚労省から手紙が届いた、なんてケースがあったりします。

もちろん、日本の規制にあった、日本でも販売されているものです。

税関をパスできないと、厚労省から「茎と種から採取された製品であることを証明する書類を提出してください」と通知がきます。

うーん、めんどくさい。

あと、最悪のパターンが逮捕されてしまうケース。

ヘンプが完全に合法とされるアメリカやヨーロッパから持ち込もうとして、実は日本で規制されている違法成分が入っている製品で、気がつかないで税関で御用…

なんてちょっと笑えないですからね。

国内線はもちろん大丈夫ですが、国際線では製品を証明する書類を購入店でもらっておかないと、かなり面倒なことになります。

国内線は大丈夫だけど、漏れに気をつけて!

国内線の飛行機はまったく問題ありませんが(管理人が検証済み)、フタをしっかりしめてジップロックかなんかに入れておかないと中身が漏れてしまうので注意が必要です。

ワックスやグミは大丈夫ですけど、リキッドやオイルは注意ですね。

特に傾向摂取用のオイルはベタベタで、服につくと取れにくいので。

ちなみに、服についたCBDは、同じ原料のヘンプでできた石鹸(ソープ)で洗うと落ちやすいと思います。

たとえばドクターブロナーなんかが有名ですが、同じ原料なので親和性が高く、汚れが落ちやすいです。(と、管理人はにらんでおります)

まとめ・海外から持ち込む、輸入はあんまりおすすめできないっす

海外から飛行機に持ち込んだり、個人で輸入するのはちょっとリスクがあります。

どうしてグミだけそうなったのか不明なので余計です。

水面下で規制が厳しくなったり、書類の提出を求められたり。。。

そういう面倒なことは、日本の代理店さんに全部やってもらいましょう笑、冗談ではなくて、没収される危険性を考慮すると、そっちの方がお得ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です