CBDは効果ない?2つのチェックポイントを見過ごしている方へ

CBDは経口摂取用のオイルやVape(電子タバコ本体)で気化させて摂取する珍しいタイプのサプリメントです。

私自身は7年間愛用していますが、たまにSNSなどで「CBD リキッド、買ってみたけど効果ない!」という声を見かけます。

どうやら調べてみると、使い方や選び方に問題があることがわかってきました。

私の体験談と科学的な根拠から、この効果ない!という評判について斬り込んでいこうと思います。

CBDが効かない、効果ないのは継続していないか、CBD単一系を選んでいる場合が多い

気化摂取するCBDリキッドは効果時間が短いデメリットはあるものの、即効性が期待できると言われ、他のタイプの製品より効能を実感しやすいはずなんです。

でもどうして効果ないという感想を抱く人が多いのでしょうか。

理由は2つあると考えられます。

少なくとも1週間、できれば2ヶ月を目安に続けるべし

まず、CBDはしっかり継続させることが何よりも大事になります。

使って2、3日で期待するような効果は得られないと考えておくと、肩透かしを喰らわずに済みます。

CBDリキッドは即効性が期待できると言われますが、実際には人によって必要量が異なるので、ちょっとで体感を得られる人もいれば、目安の2倍でも得られない人がいます。

でもどちらの場合も、長期的な効果を期待するなら、少なくとも1週間、できれば2ヶ月程度を目安に続ける必要があります。

単一系ではなくフルスペクトラム系を選ぶべし

フルスペクトラムの方が、最短で健康維持に繋がりやすいことが、研究を通して知られています。

効果ないと評価している方は、CBDだけを配合した単一系を選んでいる場合が多い印象です。

単一系だと、ある程度まで摂取するとパワーが落ちてくる「釣り鐘上効果」で、いくら使っても健康維持に繋がりにくいことが、研究を通して知られています。

逆に、さまざまな成分が配合されているフルスペクトラム系であれば、アントラージュ効果が期待できるため、パワーが落ちにくいのです。

フルスペクトラム=CBDだけでなく、テルペンやCBGなどの補助成分が配合されている、原料を丸ごと使った製品のこと

まとめ

そもそもCBD リキッドは即効性はあるものの「キマる」ような作用はありません。

そういう勘違いを抜きにしても、CBDを使って効かない、という方がいるので、今回の記事にまとめてみました。

CBDは使い始めてわりとスグに「眠くなる」効果を実感できている方が多いのですが、繰り返しますが人によって摂取量が違うので、まずは諦めず続けること、できれば最強と言われるフルスペクトラムを選ぶことが大事になります。

最近のショップのおすすめの傾向から、フルスペクトラムで高濃度タイプの+WEEDを選んでおくと、失敗せずに済みますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です