CBDは眠くなる?ちょっとだけ気をつけましょうってお話

CBDオイルをブログで紹介するパターンが増えてきましたね。

CBDはヘンプと呼ばれる産業用の植物から抽出された、健康効果が高いと人気のサプリメントですが、

眠くなる、という口コミや評価を見かけることがあります。

結論から言うと、CBDを使いはじめて割とスグに実感できる効果の1つですが、1つだけ注意点があります。

これは管理人の私が使い続けてきて、唯一気をつけていることです。

そこまで深刻な話ではないので、軽い気持ちで読み進めて頂ければと思います。

CBDは眠くなるので運転前にはちょっと注意!

CBDは睡眠の質を向上させる効果が期待できるものですが、徹夜明けや疲れすぎているときの運転前には使わない方がいいです。

急に眠気に誘われることがあるからです。

CBDリキッドは即効性があるので、運転前に吸って眠くなれば運転をやめようと思ますが、CBDオイルやCBDグミは、口にしてから効果が出始めるまでに時間がかかるので、運転をはじめてから眠くなり始める場合があります。

いきなりストンと落ちるようなことはありませんが、目がしばしばしてきて、少なくとも運転に集中できないような状態になりかねません。

たとえ、眠さに強いという方でも、マナーとして、これから日本でもユーザーが増えることも考えられますから。

運転前でも恩恵を受けたい場合はCBDクリームがベター

肌用のCBDクリームであれば、運転前に使っても眠くなる心配がありません。

CBDクリームは体感が弱いです。どちらかというと、香りに癒される感じなので、むしろ運転には向いているな〜って個人的には思っています。

それでも敏感な人はCBDクリームを使ってみて眠くなるようであれば、運転前には使わない方が無難です。

もし運転前に使うとしても、2〜3時間は空けてからがいいでしょう。

まとめ・ガッツリ眠くなるワケではないけど、マナーとして使わないのがベター

まだまだCBDはマイナーな存在ですが、アメリカではヘンプの使用が一般的になってきたため、運転の際の使用にはシビアになってきているそうです。

CBDは精神を活性させるような効能はありませんが、それでも条件が悪ければ眠くなってしまうので、これから日本でも普及することを見込んで、マナーとして、運転前には使わない方がいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です