CBDのおすすめを厳選!2013年から使い続けてきたマイスター

CBD製品の多さに困惑してしまいますよね!

ということで、目的別のCBDをご紹介していきます。

以下の記事を読んで頂ければ、製品にどんな特徴があるのか、よくおわかり頂けると思います。

cbd デバイスのおすすめは?

まず気化摂取からいきましょう。

気化させて吸うタイプにはCBDリキッド、CBDワックスがありますが、電子タバコでいう本体の部分となるデバイス選びもとても大事になりますが、適当に買うと吸い心地が悪くてむせる原因にもなってしまいます。

ぶっちゃけベイプマニアさんで売っているデバイスを選んでおけばオッケーです 笑。

例えば入門用として日本で一番の売り上げを誇ると言っても過言ではない「FOG1」、温度管理のできるRDA「iStick Pico」あたりを選んでおけば問題ありませんよ。

ちなみに爆煙タイプのMODでは肝心のCBDが燃えてしまい、もったいないのでそれだけは気をつけておきましょう。

cbdリキッド(ヴェポライザー用)のおすすめ

ジャンル別に気化摂取させて使うCBDリキッドのおすすめをご紹介していきますね。

cbd リキッド・高濃度のおすすめ

高濃度だけで言うと、やっぱり+WEEDが最高濃度なのでおすすめです。

濃度60%ですから、文句なく国内で手に入るリキッドの中では最高峰です。

また+WEEDは、単一系ではなく「フルスペクトラム系」なので、健康増進へ最短で到達できます。

単一系では、ある程度まで吸い続けるとパワーが落ちてきますが、フルスペであれば耐性がつきにくく、アントラージュ効果が期待できるんですね。

あとはイギリス産のaztec(アステカ)のcbdシリーズもおすすめです。

あ、ちなみにどんなに高濃度でも「キマる」ような作用はありませんので、ご安心くださいね。

CBDリキッド・コスパ、安いで選ぶなら

健康増進への効果より、単純にコスパや安さで選ぶなら、CBDFX社のリキッドがベストです。

安いから効果がないというワケではなく、先ほどの単一系は「吸いやすい」メリットがあります。

フルスペ系は喉への負担が増すので、初めての方にはCBDFX社の製品の方がいいかもしれませんね。

あとはKoi(コイ)社のリキッドもコストパフォーマンスに優れていて、いろんなフレーバーを楽しめるので人気があります。

cbd ワックスのおすすめ!

最後に、ヘンプ本来の味を楽しめるCBDワックスのおすすめをご紹介します。

ファーマヘンプのジェルワックスか、aztecの和みがメジャーですが、個人的には後者がおすすめですね。

固形なのでべとつかないので、出先でも詰め替えが簡単なので。

高純度でしっかりフルスペクトラム。気化摂取系の製品の中でも、ダントツの効果です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です