ランニングコストはどれくらい?

よくcbdリキッド(ヴェポライザー用)のおすすめ!みたいなサイトを見かけますよね。

でもあれって、結局は「実感力」を重視しているのであって、ランニングコストは度外視している場合が多いです。

実感力と同じくらい、コストも大事ですよね。

実際どれくらいのコストがかかるのか、シミュレーションしてみました。

CBDのランニングコストは?

cbdリキッドの中でも最強と呼び名の高い「+WEED」で計算してみましょう。

イチバン濃度が低い手頃な10パーセント濃度だと、1瓶に1000mgのCBDが配合されているので、目安量の50mg(かなり多め)を毎日続けるとしても、20日間で使いきる計算になります。

つまり1ヶ月のランニングコストは、1瓶×0.5瓶なので16.900円+8.450円なので25.350円になります。

ただ、これは1日の使用量をかなり多く見積もった計算になります。

私は1日20mgなので、実際には1瓶で50日は持つ計算で、1ヶ月のコストは8.000円くらいです。

まとめると、必要な量は個人差がありますが、だいたい8.000〜25.000円くらいになります。

公式サイトからの購入であれば、送料が無料な上に、定価の最大10%オフになるので、実際にはさらに安くなります。

+WEEDはドンキホーテにも売っていますが、あまりおすすめできません。というのも、もちろん割引はされていないのと、交通費がかかってしまうからです。

最後になりますが、cbdリキッドはコスパで選んでしまうと、思うような効果を実感できないってこともあるので注意が必要です。

例えばCBD単一系はコスパはいいものの、ある時期を過ぎるとパワーが落ちてきてしまい、思うような健康維持効果を実感できずじまいになってしまいます。

+WEEDは実感力を重視したフルスペクトラム系高濃度の中でも、コスパにも優れている製品です。

フルスペ系には、他にはファーマヘンプ社のプレミアムブラックなんかありますが、1瓶で9.800円なので、+WEEDよりはかなり高くついてしまいます。(数字だけでは測れない良さがありますが)

ちなみに、ファーマのプレブラだと、1瓶が500mgなので、1日20mgだと25日間で、50mgだと10日間で使いきることになります。

つまり、9000〜30.000円が1ヶ月のランニングコストになります。

+WEEDと比べて、50mgを使い続ける条件だと5.000円も高くついてしまいますね。

同じフルスペ高濃度系でもこれだけの差が出てしまうので、長期間で健康を維持していこうとお考えの方は、製品選びには慎重になって頂ければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です